「Standard Widget Extensions」サイドバーが追尾するWordPressプラグイン

今回は、WordPressプラグインの
「Standard Widget Extensions」をご紹介します。

このプラグインはサイドバーウィジェットが
スクロールに合わせて追尾してくる便利なプラグインです。

ブログ記事の文字数が増えてくると下の方までスクロールすると、
サイドバーが少しさみしい感じになると感じたことがあると思います。

しかし、この「Standard Widget Extensions」を導入すれば、その心配もなくなります。

Standard Widget Extensionsの設置方法の解説

まずは、実際にどんなものかを肌で体感してみてください。

未来派が運営しているこちらのブログをまずはご覧ください。
 株式会社パロリーブルのホームページ

3-001

メイン部分を下にスクロールした時にサイドバーが追尾してくるのがわかると思います。

普段、覗いているサイトとは違う動きのサイドバーに、
読者さんは「おや?」っと思ってくれますので注目されます。

 

通常、サイドバーは上から順に注目させたい情報を並べますが、
このプラグインを導入するなら、逆に下の方に見せたい情報を配置するのがベターです。

では、導入方法の説明に入ります。

WordPressの管理画面から「外観」⇒「プラグイン」⇒「新規追加」を選択します。

w-85

 

次に、「検索窓」に「Standard Widget Extensions」と入力して「プラグインの検索」をクリックします。

3-002

 

プラグインの検索結果の一番上に「Standard Widget Extensions」が表示されますので、「いますぐインストール」をクリックします。

3-003

 

プラグインのインストールが終わると「プラグインを有効化」します。

3-004

 

これで、プラグインの導入は完了です。

Standard Widget Extensionsの設定方法

プラグインのインストールと有効化がなされると、管理画面の「設定」の項目に
「Standard WE」が表示されますので、そちらをクリックします。

3-005

 

Standard Wiget Extensions設定画面が表示されますので、
「メインカラムのID」と「固定するサイドバーのID」の設定をしていきます。
※基本的にはこの2つを設定しておけばOKです。

3-006

 

ここでは、このブログでも採用しているテンプレート「Refine-Pro」を例に進めていきます。

メインカラムのIDは「contents」です。

3-007

 

固定したいサイドバーのIDは「sidebar2」です。

3-008

 

ここで注意が必要なのが、このIDは使用しているWordPressテンプレートによって様々だということです。ご自分が使用しているテンプレートのIDを確認しましょう。

IDの確認ができたら設定画面に戻り入力していきます。

3-009

 

アコーディオン機能、見出しアイコンを使用しない場合は「無効」にチェックを入れます。

これで「Standard Wiget Extensions」の設定は完了です。

このプラグインを入れているだけでも、訪問者の注目を集めることが出来るので、
大変、重宝するプラグインとなることと思います。

あなたも、取り入れてみてはいかがでしょうか?

当ブログはWordPressテンプレート「ALPHA」を使用しています

使いたいプラグインがきっと見つかる!カテゴリー別プラグイン

zenback:この記事に関連する優良情報

zenback画像

コメントを残す