GoogleウェブマスターツールへXMLサイトマップを登録する「Google XML Sitemaps」

「Google XML Sitemaps」は、自動的にGoogleなどの
検索エンジン用のXMLサイトマップを簡単に作って
くれるプラグインです。

では、導入方法から解説していきたいと思います。

「Google XML Sitemaps」の導入方法

まず、WordPress管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」を選択します。

w01

次に「検索窓」に「Google XML Sitemaps」と入力して「プラグインの検索」をクリックします。

w02

検索結果の一番上に「Google XML Sitemaps」が表示されていると
思いますので、「いますぐインストール」をクリックします。

w03

インストールが終わったら、「プラグインを有効化」をクリックします。

w00

これで、プラグインの導入は完了します。

Google XML Sitemapsの設定方法

続いて、「Google XML Sitemaps」の設定方法を解説していきたいと思います。
メニューの「設定」から「Google XML Sitemaps」をクリックします。

w04
動作状況の中の[ここをクリック]クリックします。

w05

sitemap.xmlが作成されます。

w06

次にgoogleウェブマスター ツールにサイトの登録方法を説明します。
googleアカウントがない方は登録しておいてください。

 googleウェブマスターツール

w07

googleウェブマスターツールにログインし、ホームよりURLを入力し
右上にある「サイトを追加」をクリックします。

w08

サイトを追加画面が開きます。URLを記入して、「続行」をクリックします。

w09

所有権の確認ページが表示されますので、「別の方法」をクリックします。

w10

HTMLタグを選択します。メタタグが表示されます。

w11

このメタタグを自分のブログの<head> ~</head>内に追加します。
ワードプレス管理画面「外観」⇒「テーマ編集」⇒「heder.php」を開き
<head>の直下にメタタグを貼り付け、「ファイルの更新」をクリックします。

w12

ウェブマスターツールに戻り確認をクリックします。

w13

サイトが追加されているのを確認します。
サイトを管理をクリックします。

w14

メニューの右にサイトマップという項目があります。
「サイトマップがありません」をクリックします。

w15

右上の「サイトマップを追加」をクリックします。

w16

「sitemap.xml」と記入して「サイトマップの送信」をクリックします。

w17

サイトマップ送信確認が開きます。

w18

サイトマップの追加が完了するとgoogleウェブマスターツール内で
登録されたURL数が表示されます。これで作業は完了です。

w19

当ブログはWordPressテンプレート「ALPHA」を使用しています

使いたいプラグインがきっと見つかる!カテゴリー別プラグイン

zenback:この記事に関連する優良情報

zenback画像

コメントを残す