Jetpack by WordPress.comのカスタムCSS機能は使えますよ

カスタムCSSを使えるプラグインとして、前に「Simple Custom CSS 」をご紹介しました。今回ご紹介するJetpack by WordPress.comは「WordPress.com」向けに提供されていた機能をインストール型の「WordPress」でも利用できるようにしたプラグインで、30種類以上の機能のひとつにカスタムCSSが含まれています。

jetpack

利用するには「WordPress.com」のアカウントが必要です。アカウント取得方法も説明しますので、ご安心ください。

Jetpack by WordPress.comのインストール方法

ワードプレス管理画面「プラグイン」の「新規追加」をクリックします。

j-02

検索欄に「Jetpack by WordPress.com」を記入し、Enterキーをクリックします。

j-01

Jetpack by WordPress.comが一番最初に表示されます。
「今すぐインストール」をクリックします。

j-03

インストールしているプラグインの画面が開きます。
「プラグインを有効化」をクリックします。

j-04

ワードプレスダッシュボードのメニューに「jetpack」が追加されます。
「jetpack」をクリックします。

j-05

「アカウントを連携して利用開始」ボタンをクリックします。

j-06

Jetpackの承認画面が開きます。アカウントをお持ちでない方は「http://wordpress.com/」にて別途アカウントを作成しておいて下さい。
アカウント作成方法はページ後半を参考にしてください。

j-07

Jetpackの連携完了が表示されます。これでjetpackの機能を使うことができます。

j-08

Jetpackは31以上の多機能を装備しています。いろいろと試してみてください。

2015y02m05d_131352120

Jetpack by WordPress.com「カスタムCSS」の使い方

Jetpackにはたくさんの優れた機能が搭載されていますが、ここではカスタムCSSの機能について詳しく解説していきます。

j-09

メニュー「外観」に「CSS編集」が追加されています。これがjetpackの
カスタムCSSになります。クリックしてみましょう。

j-10

CSSスタイルシートエディターが開きます。ここにカスタマイズする
タグを書き込んでいきます。

j-11

タグを書き込んだ後は、忘れずに右にある「スタイルシートを保存」を
クリックしましょう。

j-12

WordPress.comのアカウント取得方法

WordPress.comにアクセスし、「サイトを作成」をクリックします。
WordPress.com

j-13

woredPressをスタート画面が開きます。右下の「ユーザー名のみ登録」をクリックします。

j-14

メールアドレス・ユーザー名・パスワードを記入し、「登録」をクリックします

j-15

「メールをチェックして登録を完了してください」と表示されます。
メールを確認しましょう。

j-16

WordPress.comよりメールが届きます。「アカウントを有効化」をクリックします。

j-17

Blog I Follow画面が開きます。この画面が開けば登録OKです。

j-18

本登録が完了すると、完了確認メールが届きます。
これで登録完了です。お疲れ様でした。

j-19

30以上の多機能プラグイン
Jetpack by WordPress.comは30以上の多機能を装備したプラグインです。管理画面が日本語化されているので、とても使いやすいプラグインですので是非、導入することをおススメします。

当ブログはWordPressテンプレート「ALPHA」を使用しています

使いたいプラグインがきっと見つかる!カテゴリー別プラグイン

zenback:この記事に関連する優良情報

zenback画像

コメントを残す