ワードプレスユーザー必須プラグイン「All in One SEO Pack」の設定方法

All in One SEO Packは、ワードプレスでSEO対策をする場合必須のプラグインです。どんなことができるかというと、サイトや記事単体のタイトルタグの設定をしたり、メタ・ディスクリプションやメタ・キーワードの設定などを効率よく設定することができます。

All in One SEO Packのインストール方法

WordPress管理画面の「プラグイン」⇒「新規追加」で「All in One SEO Pack」を検索します。

s-01

「All in One SEO Pack」が表示されます。「いますぐインストール」をクリックします。

s-02

「プラグインを有効化」をクリックします。

s-03

プラグインが有効になるとメニューに「All in One SEO Pack」が追加されます。

s-04

以上で、インストールは完了です。

All in One SEO Packの設定方法

All in One SEO Packの設定は大きく3つあります。

●サイト全体の設定
●ソーシャルメディアの設定
●XML Sitemaps の設定

それぞれの設定について説明しましょう。

サイト全体の設定

左メニューから「All in One SEO 」の「General Settings」をクリックします。

s-05

General Settingsの設定

ここでは「Canonical URLs」だけチェックを入れましょう。他はデフォルトのままでOKです。

s-06

Home Page Settingsの設定

ホームページタイトル、メタディスクリプション、キーワードを記入します。キーワードを設定してもSEO的に効果がないと言われていますが、とりあえずは設定しておきましょう。

s-07

Keyword Settingsの設定

「use keywords」の「利用」にのみチェックを入れます。その他の3つの項目はチェックを外します。どれかにチェックが入っていると、各記事のメタキーワードが自動生成されてしまいます。

s-08

Title Settingsの設定

投稿記事や固定ページ、カテゴリーやアーカイブページのタイトルを設定できます。
タイトル設定はデフォルトのままでOKです。

s-09

投稿タイトルは通常「記事タイトル+ブログタイトル」で表示されます。
長くていやだという方は「| %blog_title%」を削除すると、記事タイトルだけ表示されます。

Custom Post Type Settingsの設定

カスタム投稿における設定です。下図の4か所にチェックを入れましょう。

s-10

Display Settingsの設定

ディスプレイの設定です。下図の4か所にチェックを入れましょう。

s-11

Webmaster Verificationの設定

ウェブマスターツールの承認設定です。ウェブマスターツールで所有者確認のメタタグをコピーし、「Google webmaster Tools」の欄にペーストします。

s-12

Google Settingsの設定

Google+とGoogleアナリティクスの設定です。Google+プロフィールページURL、GoogleアナリティクスIDを記入し、下図の4か所にチェックを入れます。「Connect With Google Analytics」をクリックし、アクセスを許可しましょう。

s-13

Noindex Settingsの設定

カテゴリーやタグ、アーカイブページを「noindex」するかを設定します。「noindex」とはGoogleにインデックスさせないように設定することです。下図の箇所にチェックを入れましょう。カテゴリーをnoindexにする場合はチェックを入れてください。

s-14

Advanced Settingsの設定

Advanced SettingsについてはデフォルトのままでOKです。

s-15

ソーシャルメディアの設定

左メニューから「All in One SEO 」の「 Feature Manager」をクリックします。

s-16

「Social Meta」の下にある「Activate」をクリックします。

s-17

「Social Meta」のイラストがブルーに変わり、タグ設定機能が使える状態になります。

s-18

左メニューの「All in One SEO」の中に「Social Meta」が追加されました。クリックします。

s-19

General Settingsの設定

ソーシャルメディアの全般設定を行います。デフォルトのままでOKです。メタディスクリプションを記事ごとに設定する場合はAutogenerate OG Descriptionsのチェックを外します。

s-20

Home page settingsの設定

トップページがシェアされた場合の表示設定です。

s-21

Image Settingsの設定

シェアされた場合の画像の設定を行います。

s-22

Facebook Settingsの設定

Facebookにシェアされたときに表示される画像、文章の設定を行います。

s-23

FacebookユーザーIDはこちらのサイトで簡単に調べることができます。
FacebookのユーザーIDをサクッと確認する方法ふたつ

Twitter settingsの設定

Twitterにシェアされたときに表示される画像、文章の設定を行います。

s-24

Scan Social Metaの設定

ソーシャルメディアのタグに重複がないかチェックできます。「Scan Now」をクリックしてタグの重複がないかチェックしましょう。

s-25

XML Sitemaps の設定

左メニューから「All in One SEO」⇒→「Feature Manager」をクリックします。

s-26

「XML Sitemaps」の右下にある「Active」をクリックします。

s-27

イラストがブルーに変わり、サイトマップ機能が使えるようになります。

s-28

All in One SEO のメニューに、「XML Sitemap」が追加されます。クリックしましょう。

s-29

XML Sitemapの設定

XML Sitemapの基本設定を行います。下図を参考にしてください。

s-30

Excluded Itemsの設定

XML Sitemapに入れたくないカテゴリーを設定できます。

s-31

生成されたサイトマップURLは、こうなります。
http://あなたのサイトURL/sitemap.xml
このページをgoogleウェブマスターツールに登録しておきましょう。

最後にページ最下部の「設定を更新」をクリックをしましょう。

s-32

これでAll in One SEO Packの設定は終了です。お疲れ様でした。

All in One SEO Packの使い方

All in One SEO Packの設定が完了すると投稿ページ、固定ページの編集画面の下に、「All in One SEO Pack」という項目が表示されるようになります。

「Main Settings」と「Social Settings」のふたつのタブがあります。
それぞれの記入方法を説明しましょう。

Main Settingsの記入方法

基本的に記事タイトル、記事メタディスクリプション、記事キーワードの3項目を記入します。その下に「NOINDEX」等の設定項目がありますが、デフォルトのチェックなしでOKです。

Social Settingsの記入方法

ソーシャルメディアで表示されるタイトル、文章の設定を行います。記事タイトル、記事メタディスクリプション、記事キーワード、イメージ画像を設定します。「Image」内で気に入った画像がない場合、「Custom Imege」で新たに画像を選定することができます。

s-35

お疲れ様でした。^^

めんどうなことは先にやってしまいましょう

めんどうなことは先にやってしまいましょう
ここまで読んでいただいて、とてもめんどうで設定するのが嫌になっている人も多いでしょう。しかし慣れてしまえば短時間で設定できます。また記入する内容をメモ帳にまとめておくと便利です。夏休みの宿題と一緒です。めんどうなことは先にやってしまいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

当ブログはWordPressテンプレート「ALPHA」を使用しています

使いたいプラグインがきっと見つかる!カテゴリー別プラグイン

コメントを残す

CAPTCHA