「Shortcodes Ultimate」記事装飾をショートコードで簡単にできるプラグイン

40種類以上の記事装飾をショートコードで簡単にできるプラグイン「Shortcodes Ultimate」の導入方法、使い方について説明しましょう。

Shortcodes Ultimate機能説明動画

百聞は一見に如かず、まず最初にShortcodes Ultimate機能説明動画をご覧ください。英語版での解説ですが、Shortcodes Ultimateでどんなことができるのか理解できます。クリックでポップアップで開きます。

※この動画はWordPressプラグイン「YouTube Adds pro」を使って設置しています。

Shortcodes Ultimateの導入方法

ダッシュボード>「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

b-01

プラグインを追加で「Shortcodes Ultimate」を記入し、Enterキーをクリックします。

b-02

「Shortcodes Ultimate」が表示されます。「今すぐインストール」をクリックします。

b-03

「プラグインを有効化」をクリックしましょう。

b-04

Shortcodes Ultimateの使い方

設定に「ショートコード」というメニューが追加されています。クリックします。

b-05

Shortcodes Ultimateの設定画面が開きます。デフォルトのままで特に問題ありません。

b-06

記事編集画面に「ショートコードを挿入」ボタンが追加されます。クリックしましょう。

b-07

ショートコードのメニュー一覧です。

b-08

タイプ別フィルターで「コンテンツ」をクリックすると
コンテンツに関するショートコードだけが浮き出て表示されます。

b-09

ここでは「ボタン」と「アニメーション」を例にして紹介しましょう。
「ボタン」をクリックします。

b-10

リンクURLを記入し、ターゲット(同じ窓か別窓で開くか)を選択します。

b-11

スタイルは9種類から選択できます。ここでは3Dを選んでみます。

b-13

ボタンの背景色も画像のように自由に選択できます。

b-14

テキストの色、サイズを選択できます。

b-15

幅(100%)と中央配置を選択できます。

b-16

角丸を指示できます。

b-17

アイコンを選択できます。メディアマネージャーでアイコンを指示することもできますが、アイコンピッカーでは一覧から選択することができます。

b-18

アイコンの色、テキストの影を指示できます。

b-19

プレビューで確認して、OKでしたら「ショートコードを挿入」をクリックします。

b-20

設置したボタンです。

 

次に「アニメーション」の例を説明しましょう。「アニメーション」をクリックします。

b-21

いろいろな動きから選択します。プレビューで確認しながら動きを決めましょう。

b-22

コンテンツに動きをつけたい文字、画像を記載しましょう。

b-23

バナーに動きをつけた例です。
サイトを再読み込み(F5をクリック)で動きを確認してください。

 

実際にShortcodes Ultimateの「アニメーション」を使った例です。

 ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』

いろいろな装飾に使えます
いかがでしたか?Shortcodes Ultimateの機能の中のボタンとアニメーションを解説しましたが、まだまだすぐれた機能がたくさんあります。是非いろいろな機能を試してみて、素敵なサイトを構築していただきたいと思います。

さらに詳しく「Shortcodes Ultimate」の使い方を学びたいなら

さらに詳しく「Shortcodes Ultimate」の使い方を学びたいならこちらのサイトをご覧ください。「Shortcodes Ultimate」のショートコード一覧もありますので、装飾を確認しながらショートコードをコピーできますよ。

WordPressプラグイン「Shortcodes Ultimate」使い方徹底ガイド

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

当ブログはWordPressテンプレート「ALPHA」を使用しています

使いたいプラグインがきっと見つかる!カテゴリー別プラグイン

コメントを残す

CAPTCHA